イチゴを値打ち。刺々しいイチゴおっぱいを作りました。

 わが家の畑に散々イチゴができたので、甲斐しました。わが家の畑のイチゴはお店先に売ってはおるやり方と違って、がたいも色合いも格好も少数だ。当然ですが、並べるやり方よりも敗れるイチゴが散々できます。きれいなイチゴは普通に食べました。酸っぱさが凄いですが、アロマが思い切りよくて食べると元気が出る風味でした。
 とにかく散々採れたのですが、小さすぎるイチゴや形の悪いものは冷凍して保存して置きました。 凍ったところで、今度は刺々しいイチゴ牛乳を組み立てることにしました。凍ったイチゴと胸、砂糖をミキサーに入れてスイッチオン!ゴゴゴゴー!っととてつもない動画にビビリましたが、個数十秒間取り混ぜました。
 完成したイチゴ牛乳はきれいなロゼでやけにおいしそうでした。さっそく飲んでみると、冷たくてちょこっと水っぽいイチゴ牛乳というフィーリングでした。イチゴの風味がさっと弱かったのですが作った日は実に暑かったので上手く感じました。今度は砂糖多めにしてみようと思いました。ひときわ採れたらジャムも作りたいなぁ。http://csdsdelhi.org/

大掃除の敵手というでくわしたらどうするか…ぼくは…

随時やらねばといった思い立ってする大クリーニング…考え方あまり使わない存在の物置が出来ます、物置をおる売り物といういらないものに見識しようとクズ紙袋片手に過密に詰まった物置の入口を開けました、なんだか高校生時代の本が…取り除けるに決まってます今更学業したくありませんから、クズ紙袋往き、古い浮き輪たち…何十世代もさっき過ぎて使うと穴が開いておぼれるとか嫌なのでクズ紙袋往き、ゲーセンでとったであろう姿…姿を捨て去るのは気が引けるがさようならします。他にも何故今まで置いてあったのか不思議な存在がたくさん出てきました、物置に取り入れる前に取り除けると思わなかったのかヒアリングに思う品々ばかりです。中には投げ棄てたくない存在もあってアニメテキストのスラムダンクが出てきました、思い出深い、私の青春世の中を思い出すスラムダンク様です、全巻揃ってないのがぼくらしき…懐かしくてなんとなく読み始めたのが不可だった…ゼロ冊で仕上がる筈がなく読み続けてしまい気づけば夕刻で、ランチタイムを作らないといけない年月だ、物置の半以外残して大クリーニングは終わりました…あすも空いた時間に読もうといったスラムダンクは物置から出した通り。大クリーニングの仇は我々でした。