消費税対策として現金を配る。馬鹿馬鹿しいとしか言えません。

来年10月から消費税が10パーセントに跳ね上がることが連日報道されていますが、今度はそのための対策として、商品券や現金を店頭で配る案が政権内で浮上しているというニュースを見ました。
所得の低い人に対する救済案として出されているそうですが、正直「馬鹿馬鹿しい」としか思えませんでした。
そんなことをもし実際に行ったとしても、一時的なもので終わることは目に見えているというのに・・・。
だいいち、そんなことを行うとしても、そのためにまた税金がかかることでしょうし、本当にお金の無駄遣いとしか思えません。
しかも、その還元を受けるためにはクレジットカードを持っていなければいけないそうです。
現金至上主義の人や、カードを持たないお年寄りの方たちは全く恩恵を受けられないことになります。
どのような条件の人であれ、ひとしく恩恵を受けられるのならまだしも、特定の条件の人しか受けられないというのではあまりにお粗末です。
というか、そもそも低所得の人を救済するためにこんなことしか思いつかないのなら、消費税を上げるのをやめたらいいのではないかと思います。
消費税を上げるのをやめて、代わりに下げるか、いっそ撤廃するなら、国民のお財布の紐もゆるくなりさぞかし景気が回復するだろうと思うのですが、なぜこうした簡単なことをしないばかりか、真逆のことばかり行うのだろうと、お粗末な政府に対して日々憤りを募らせています。ミュゼ 腕脱毛